ここから本文です

平野歩夢、完敗認める「ショーンは過去イチの滑り」

2/14(水) 13:54配信

デイリースポーツ

 「平昌五輪・スノーボード男子ハーフパイプ・決勝」(14日、フェニックス・スノーパーク)

【写真】ショーン・ホワイト「金」に号泣…鼻には顔面62針の名残も?

 ソチ五輪銀メダリストの平野歩夢(19)=木下グループ=が2回目で縦2回転横4回転のダブルコーク1440を2回連続で決める大技を成功させ、95・25点で2大会連続の銀メダルを獲得した。

 “スノボ界のカリスマ”ショーン・ホワイト(31)=米国=が97・75点で06年トリノ、10年バンクーバーに続く3度目の金メダル。日本勢では片山来夢(22)=バートン=が7位入賞。戸塚優斗(16)=ヨネックス=は2本目のランで大転倒し、病院に搬送された。

 日本スノボ界悲願の金メダルの夢は、米国の“カリスマ”の前にかき消された。ホワイトも、平野が決めたダブルコーク1440の連続技に成功。その後も圧巻の内容で締めくくり、3度目の頂点に立った。ホワイトの演技を見た平野は「着地の完成度とかを含めて、彼の過去イチの滑りが出ていた。当然、越されるなと思った」と、完敗を認めた。