ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

まさにスーパーヒーロー ホワイトが圧巻の王座奪還 顔面62針縫う大けがも構成完遂

2/14(水) 14:35配信

デイリースポーツ

 「平昌五輪・スノーボード男子ハーフパイプ・決勝」(14日、フェニックス・スノーパーク)

 ソチ五輪銀メダリストの平野歩夢(19)=木下グループ=が2回目で縦2回転横4回転のダブルコーク1440を2回連続で決める大技を成功させ、95・25点で2大会連続の銀メダルを獲得した。

 “スノボ界のカリスマ”ショーン・ホワイト(31)=米国=が97・75点で06年トリノ、10年バンクーバーに続く3度目の金メダル。日本勢では片山来夢(22)=バートン=が7位入賞。戸塚優斗(16)=ヨネックス=は2本目のランで大転倒し、病院に搬送された。

 まさにスーパーヒーローの滑りだった。ホワイトは平野と同じく4回転を2度、3回転半を2度組み込んだ構成を完遂。1本のエアの度に巻き起こる大歓声とともに、頂点へと返り咲いた。昨年10月の練習中に顔面を62針縫う大けがを負ったが、恐怖心を乗り越え、奇跡的な復活劇。構成はケガをしたときにやっていたものと同じだったという。「幸せすぎて言葉がでない。クレイジーなケガを乗り越えてここにきた。驚いているし、最高だよ」と、まくし立てた。