ここから本文です

<堺市>医師が検査結果の確認怠る 治療開始7カ月遅れる

2/14(水) 20:31配信

毎日新聞

 堺市立総合医療センター 70代女性の胃がん

 堺市立総合医療センター(堺市西区)は14日、同市堺区の70代女性への検査で胃がんが見つかりながら放置され、治療開始が7カ月遅れるミスがあったと発表した。当時の主治医や検査した別の医師が確認を怠ったためで、女性は治療開始の1年後に死亡した。記者会見した花房俊昭院長は「チェック体制や情報共有の仕組みの不備が原因。深くおわびする」と謝罪した。

 センターによると、2016年2月の内視鏡検査と病理検査で胃がんとの結果が出た。しかし、主治医だった30代男性医師は検査結果を確認しないまま、女性に「貧血と胃潰瘍」と説明した。内視鏡検査をした別の医師がカルテに良性と読み取れる記載をしたため、思い込んだという。

 女性の嘔吐(おうと)が続き、16年9月に後任の主治医が気付いた。翌月の手術の際にはリンパ節に転移しており、治療を続けたが、昨年9月に亡くなった。センターはミスと死亡の因果関係は不明としているが、補償交渉は進めている。【山下貴史】

最終更新:2/14(水) 23:16
毎日新聞