ここから本文です

<五輪カーリング>世界3位を破る 男子白星発進

2/14(水) 23:22配信

毎日新聞

 世界ランキング8位の日本に対して、ノルウェーは世界3位の強豪。2002年ソルトレークシティー五輪金メダルを頂点に全ての色のメダルを獲得している。だが、挑戦者という言葉を嫌う両角友。最高の舞台だからこそ対等の勝負を求めてぶつかった。

 両角友の正確な指示と技術で得点を重ねる日本に対して、ノルウェーも安定感のあるショットと力強いスイープで対抗。勝負が動いたのは3-3で迎えた第7エンドだった。

 ハウス内に相手の赤色のストーンをためさせておいた上で、相手の二つの石をはじき出す技ありのショットを披露して2点を奪った。両角友は「今日のキーショット。1点を狙うこともできたが、どうしても2点ほしかった」と振り返った。日本が追い求める「攻撃的カーリング」の一端だった。

 日本男子の出場は1998年長野五輪以来20年ぶり。その時は開催国枠だったが、今回は自力で出場権を得ての出場だ。16年世界選手権では過去最高の4位も経験。両角友は「顔ぶれは世界選手権と同じ。勝つための準備をしてきた」。巧みな技術と勝負度胸で、堂々と戦う。【田原和宏】

最終更新:2/15(木) 0:38
毎日新聞