ここから本文です

奈紗 予選通過へ意気込む「一打一打を大切に」 米女子ゴルフツアー今季2戦目

2/14(水) 19:04配信

スポニチアネックス

 米女子ゴルフの第2戦ISPSハンダ女子オーストラリア・オープンは15日にオーストラリア・クーヨンガGCで開幕する。

 出場する日本勢は7人。開幕戦のピュアシルク・バハマ・クラシックでは予選落ちした畑岡奈紗(19=森ビル)は「バハマは今の技術では対応できないくらいの風が吹いてしまった。まずは一打一打を大切にして予選を通過したい」と意気込んだ。

 16年大会の覇者、野村敏京(25=フリー)は「去年、一昨年と比べてグリーンが硬い。今週はセカンドショットやパッティングの距離感を大事にする」と話し、渡辺彩香(24=大東建託)は「しぶとくパーを取る」と抱負を語った。

 92年に設立された同GCは難度が高く、生い茂る樹木によってフェアウエーは狭くなっている。スキルを要する傾斜のあるグリーンも勝負を分ける大きなポイントとなる。15日からWOWOWで生中継される。