ここから本文です

THE PREDATORS、熱いロックンロール鳴り響かせた約2年半ぶりツアーに幕

2/14(水) 21:33配信

音楽ナタリー

THE PREDATORSが2月8日に東京・Zepp DiverCity TOKYOで全国ツアー「Arabian Dance Tour」のファイナル公演を開催した。

【写真】山中さわお(G, Vo)(撮影:橋本塁 [SOUND SHOOTER])(他6枚)

ライブ会場および通販限定シングル「Arabian dance」を携え、約2年半ぶりにツアーを行ったTHE PREDATORS。再び集結した3人のライブを観るべく、会場には多くのファンが詰めかけた。

開演時間を過ぎた頃、盛大なハンドクラップに迎えられながらステージに1人ずつメンバーが登場。山中さわお(G, Vo)が「ロックンロールを待ち望んでたやつは誰だー!?」と叫ぶと、フロアに多くの拳が突き上がった。JIRO(B)が高く左手を掲げ客席を煽ると歓声はさらに増し、会場のテンションが高まる中3人は「爆音ドロップ」でライブをスタート。軽快なビートに合わせてオーディエンスが一斉に体を揺らし、大盛り上がりの中彼らは2曲目「THIS WORLD」へ。3人はシンプルなサウンドを鳴らし、心地のいい空間を生み出していった。演奏を終えると山中が客席に向かって「ひさしぶりに暴れてやろうかと、3人集まったぞ! 俺たちTHE PREDATORS、仲良くしようぜ」とフロアに語りかけ、飄々と次のナンバー「SHOOT THE MOON」のギターを鳴らし始める。みずみずしい3人のアンサンブルが場内に響きわたり、会場に笑顔が広がっていった。

「腰をシェイクする準備はいいか?」という言葉でスタートしたのは、ツアータイトルにもなっている最新ナンバー「Arabian Dance」。シンプルかつ豪快なベースとパワフルなドラム、エッジィなギターが絡み合い、オーディエンスを酔わせていた。さらに彼らは同シングルから「TRADE」を演奏。過去のライブでも披露していたこのナンバーを、現在の3人のサウンドでストレートに届けた。ライブ中盤のMCでは、ツアー初日の東京・渋谷CLUB QUATTRO公演の前日に高橋宏貴(Dr)が高熱を出し、インフルエンザの疑いがあったため公演の実施が危ぶまれたというエピソードが明かされる。山中は「インフルエンザの場合ライブは延期になるんだけど、前日の夜にお知らせしてもお客さんみんなに伝わる確証はないし、集まってくれた人のために何かJIROくんと2人でトーク&ミニライブでもやろうかなって考えてたのね。俺が最近すごくハマってるゆりやんレトリィバァのドラえもんネタを披露しようかなとか。お面も購入したんだよ」と観客を笑わせつつ、「2人でアコースティックでやろうかなと思ったんだけど、みんなも知ってのとおりTHE PREDATORSの曲ってアコースティックに向かないんだよ。もうGLAYを練習するしかないと思って準備してたんだ」と波乱のツアーの幕開けを語った。結果陰性だったという高橋と山中の和やかなやり取りを経て、演奏されたのは高橋が作曲を手がけた楽曲「Spooky trouble」。グルーヴィなサウンドが場内を渦巻き、フロアから大きな歓声が上がった。

その後も3人は「ROCK'N'ROLL LAY DOWN」や「God Game」といったナンバーを力を込めてプレイ。MCではJIRO以外のGLAYのメンバー3人によるTHE PREDATORSのコピーバンド“グレデターズ”が、JIROの誕生日パーティの催し物として本家よりも先に「Arabian dance」のパロディミュージックビデオを制作したという話も飛び出し、会場は爆笑に包まれた。ピースフルな空気が流れる中、彼らは「BRAIN CALLY」でクールにライブを再開。山中の弾き語りで始まった「Dizzy Life」では、疾走感のあるビートとノスタルジックなメロディが場内に満ちていった。ライブも終盤に差しかかった頃、JIROが「おひさしぶりの人もたくさんいると思います。ようこそ。いらっしゃい」と改めて挨拶し、「(ツアーで)ちっちゃいライブハウスとかでもやれてすごく楽しかったし、今日もめちゃくちゃ楽しいです」と笑顔を浮かべた。高橋が「俺がステージに出るときに、みんな袖にいるJIROさんのほうを見てるんですよ(笑)。視聴率ゼロ!」と自虐し観客の笑いを誘うと、山中から「高橋くん、それがTHE PREDATORSだから!」というひと言が。そして山中がラストスパートに向けて「俺はTHE PREDATORSらしいスイッチを入れる!」とファンおなじみのツノ付き帽子を被ると、フロアは大盛り上がり。その言葉の通り彼らは「Nightless City」や「Hurry up! Jerry!」などを勢いよく繰り出し、フロアを揺らしていく。本編のラストナンバー「WILD TIGER」では観客とコール&レスポンスを楽しみ、3人は笑顔でステージをあとにした。

アンコールでは山中が「新曲をレコーディングして、全国ツアーをやったけれども、また新曲をリリースしてワンマンツアーをやるまでインターバルが空いてしまうのはさみしいねっていうことで。もうちょっと今よりもフットワーク軽く、小さいライブハウスでもワンマンじゃなくてもスケジュールぶつけて集まってやりたいねって話してるから、またそのときは会いに来てくれ!」とバンドの今後について触れ、フロアから歓喜の声が上がった。そして彼らは最新シングルから残りの1曲「Trinity」を演奏。オーディエンスは心地よさそうに体を揺らして聴き入っていた。彼らは「Typhoon Jenny」でアンコールを締めくくるも、フロアからの拍手は鳴りやまず。大歓声を浴びながら、ビールを片手に3人が再びステージに現れた。山中は「ちょっとお時間をいただいてもよろしいでしょうか?」と前置きし、先のMCで話していたドラえもんのお面を付けてネタを披露。ドラえもんの口調を真似ながら高橋をいじり、観客の笑いを誘った。その後も彼らはツアーやミュージックビデオ撮影時のエピソードを自由に語り、オーディエンスを楽しませる。そして山中が「ありがとう、楽しかったよ。俺たちTHE PREDATORS、また会おうぜ!」とフロアに告げると、彼らはラストナンバー「Tyrant」で最後まで熱いロックンロールを鳴らし、約2年半ぶりのツアーを締めくくった。

なおTHE PREDATORSは、4月25日に本公演の模様を収めたライブDVD / Blu-ray「THE PREDATORS Arabian Dance Tour 2018.2.8 at Zepp DiverCity」をリリースする。

THE PREDATORS「Arabian Dance Tour」2月8日 Zepp DiverCity TOKYO セットリスト
01. 爆音ドロップ
02. THIS WORLD
03. SHOOT THE MOON
04. TRIP ROCK
05. Crazy Babar
06. Monster in my head
07. Arabian dance
08. TRADE
09. Smoky Surf Shop Boogie
10. Spooky trouble
11. ROCK'N'ROLL LAY DOWN
12. God Game
13. Desperate Donor
14. BRAIN CALLY
15. Dizzy Life
16. Risky Revolution
17. Nightless City
18. Hurry up! Jerry!
19. LIVE DRIVE
20. WILD TIGER
<アンコール>
21. Trinity
22. Typhoon Jenny
<ダブルアンコール>
23. Tyrant

THE PREDATORS「THE PREDATORS Arabian Dance Tour 2018.2.8 at Zepp DiverCity」収録内容
01. 爆音ドロップ
02. THIS WORLD
03. SHOOT THE MOON
04. TRIP ROCK
05. Crazy Babar
06. Monster in my head
07. Arabian dance
08. TRADE
09. Smoky Surf Shop Boogie
10. Spooky trouble
11. ROCK'N'ROLL LAY DOWN
12. God Game
13. Desperate Donor
14. BRAIN CALLY
15. Dizzy Life
16. Risky Revolution
17. Nightless City
18. Hurry up! Jerry!
19. LIVE DRIVE
20. WILD TIGER
21. Trinity
22. Typhoon Jenny
23. Tyrant

BONUS TRACK
・高橋!そんなに作曲したいなら、させたるぞ感謝祭!

最終更新:2/14(水) 21:33
音楽ナタリー