ここから本文です

銀の小平奈緒「やっぱり五輪は強い人が強い」【一問一答】

2/14(水) 23:08配信

デイリースポーツ

 「平昌五輪・スピードスケート女子1000メートル」(14日、江陵オーバル)

 小平奈緒(31)=相沢病院=が1分13秒82で銀メダル、高木美帆(23)=日体大助手=が1分13秒98で銅メダルを獲得し、日本スケート女子では史上初となるダブルで表彰台に上った。スピードスケートでダブル表彰台は、2大会ぶり3度目。優勝は1分13秒56のヨリン・テルモルス(オランダ)だった。

【写真】堂々の「銀」なのに…レース直後に悔しそうな表情を浮かべる小平奈緒

 小平の一問一答は以下の通り。

 -今の気持ちは。

 「初めて五輪の個人種目をとれてうれしく思う」

 -このメダルの意味とはどんなものか。

 「自分の力を全て出し切った上での本当の実力が、この銀メダルという結果。後悔はないし、みなさんにとっても喜んでもらえるメダルになったのでは」

 -メダルは家族や友人にとってはどんな意味があるのか。

 「家族や友人にとっても、私と同じ。ちょっと悔しかったり、ちょっとうれしかったりという気持ちで共有してくれているのでは」

 -きょうのパフォーマンスについては。

 「オープニングからすごくいいリズムで滑れた。ただ最終ラップで少しスピードが落ちたのが残念だったが、諦めずゴールの先まで全力で滑れたのはよかった」

 -複雑な気持ちか。

 「ただ実力が足りなかっただけだと思っている。やっぱり五輪は強い人が強いんだなって、どの競技を見ても感じていた」