ここから本文です

高木美帆、2個目メダルに「1500メートル以上に自分をほめてあげたい」

2/14(水) 20:29配信

スポーツ報知

◆平昌五輪第6日 ▽スピードスケート女子1000メートル(14日・江陵オーバル)

 スピードスケート女子1000メートルが行われ、日本勢は小平奈緒(31)=相沢病院=が1分13秒82で2位、高木美帆(23)=日体大助手=が1分13秒98で3位だった。郷亜里砂(30)=イヨテツク=は1分15秒84で13位だった。

【写真】日の丸を掲げて歓声に応える小平

 最終の16組が終了した瞬間に小平の銀、高木の銅メダルが確定。小平は左手で小さくガッツポーズ。高木はスタッフとともにハイタッチして、メダル獲得を喜んでいた。

 高木美帆「掲示板で2番を確認した時は1番とれなかったなと思ったんですけど、レース内容としてこの体の状況で、自分が想定していた以上のレースをすることができたので、1500メートル以上に自分をほめてあげたい。テルモルスのタイムは見ていなかったので、一番になったんだなっていうのは把握して。でも、それ以上は自分との戦いだと思っていたので、自分の滑りだけに集中して滑りました。やっぱり1500メートルのダメージっていうのが思った以上にあって、直前まで自分もどうなるんだろうって思っていた。自分の体がよくここまで戦ってくれたなって思っています」

最終更新:2/14(水) 20:48
スポーツ報知