ここから本文です

『M:I-6』予告公開 トムがヘリから落下&骨折したアクションシーン公開

2/15(木) 7:00配信

オリコン

 トム・クルーズ(55)が主演する人気シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(8月3日公開)の予告映像&場面写真が15日、解禁された。トム自身がスタント無しで行うアクションシーンが代名詞の本シリーズ。今回は、山脈を飛行するヘリコプターにロープでしがみつく姿や、トムが実際に骨折するアクシデントに見舞われたことで話題になったビルにジャンプする場面など、不可能を可能にする男の超絶アクションシーンが含まれている。

【動画】トムの超絶アクションシーン満載 映画予告編

 何者かに複数のプルトニウムが盗まれた。標的は“3つの都市”。イーサン・ハント(トム)とイーサン率いるIMFチームは、同時核爆発を未然に防ぐミッションを受ける。猶予は72時間だが手がかりは薄く、名前しか分からない正体不明の敵を追う中でのミッション遂行は困難を強いられた。タイムリミットが刻一刻と迫る中、IMFに立ちはだかるのは、イーサンを疑うCIAが送り込んだ敏腕エージェントのウォーカーで、イーサンは彼との対決を余儀なくされる。そして、いくつものフォールアウト(予期せぬ余波)が絶体絶命のイーサンに降りかかる。

 これまでのシリーズでも、上空1500メートルを時速400キロ以上で飛ぶジェット機に素手で捕まったり、ドバイにそびえたつ世界一高いビル、ブルジュ・ハリファの124階でビルの側面を走ったり、息継ぎなしの6分以上の潜水アクションなど、常識では考えられないスタントを行ってきたトム。

 今回公開された第1弾予告では、ロープでしがみついたヘリコプターから落下する場面や、ノルウェーにある高さ600メートル(およそビル110階相当)の一枚岩の崖“プレーケストーレン”のクライミング、パリ・凱旋門をヘルメットなしの状態でバイクにまたがり猛スピードで疾走するシーンが登場。

 ビルへのジャンプシーンでは、空中を大きく駆けた後、壁にぶつかる姿が捉えられている。先日、骨折から早期復活し撮影を再開させたトムは、イギリスの番組「グラハム・ノートン・ショー」に出演し、このシーンについて、「全速力でジャンプして、壁の一面にぶつかって、這い上がり、カメラの側を走っていくという撮影だったんだ。(ぶつかって)瞬時に骨折したことを悟った。それでも、カメラの側を走り抜け、そのショットをものにした。あの横顔のショットはどちらも映画に出てくるんだ」と、撮影秘話を明かしている。

 共演は、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソンなどおなじみのキャストに加え、『M:i:III』でイーサンと結婚したミシェル・モナハン演じるジュリアが再登場。『スーパーマン』で知られるヘンリー・カヴィルが、これまでのイメージを一新し、ワイルドなひげを蓄えたCIA敏腕エージェントのウォーカー役として初登場する。

最終更新:2/15(木) 7:00
オリコン