ここから本文です

小平、1000は銀メダル!高木美帆は銅でダブル表彰台/スピード

2/14(水) 20:13配信

サンケイスポーツ

 平昌五輪第6日(14日、江陵オーバル)スピードスケート女子1000メートルで、世界記録保持者の小平奈緒(31)=相沢病院=が1分13秒82で銀メダル。1500メートル銀メダリストの高木美帆(23)=日体大助手=は1分13秒98で銅メダルで、ダブル表彰台となった。ヨリン・テルモルス(28)=オランダ=が五輪記録の1分13秒56で金メダルを獲得した。

【写真で見る】レース後の小平奈緒

 スプリント女王の小平が、世界一への足がかりを築いた。不利と言われるアウトからのスタート。200メートルの通過は17秒67。トップスピードに乗り、600メートルまでのラップは26秒88とこの時点ではテルモリスを上回るタイムだった。しかし、最後の1周ではカーブでバランスを崩す場面もあって、伸びきれず29秒27かかった。

 2010年バンクーバー大会から3大会連続の五輪。過去2回の個人種目では最高5位にとどまった。スタートラインに立ったときの気持ちは過去2大会とは違う。今回は世界記録保持者の風格が漂う。長い距離で手応えをつかめば、本職の短距離に自信が持てる。1500メートルでは低地リンクの自己ベストで入賞。描いた通りの展開だった。不利とされるアウトレーンからスタートしたが、今の小平には関係なかった。今大会は日本選手団の主将。18日の500メートルは国内外のレースで昨季から24連勝中。今度こそ頂点をつかんでみせる。