ここから本文です

小平、美帆とダブル表彰台も「もう一段、高いところで並べたら最高だった」/スピード

2/14(水) 20:38配信

サンケイスポーツ

 平昌五輪第6日(14日、江陵オーバル)スピードスケート女子1000メートルで、世界記録保持者の小平奈緒(31)=相沢病院=が1分13秒82で銀メダル。1500メートル銀メダリストの高木美帆(23)=日体大助手=は1分13秒98で銅メダルで、ダブル表彰台となった。ヨリン・テルモルス(28)=オランダ=が五輪記録の1分13秒56で金メダルを獲得した。

 小平との一問一答は以下の通り。

 --レースを振り返って

 「とにかく順位とかメダルよりも、何より氷と対話して自分の好きなように氷を味わおうと思って滑った」

 --結果は銀メダル

 「600メートルまではかなりいい形でこられた。最後は落ちてしまったけど、ゴールラインの先まで実力を出し切れた」

 --金メダルはテルモルス

 「素晴らしいタイムだと思った。私もこのぐらいのタイムで滑れるかもしれないという思いと、自分の滑りに集中しなければならないと思った」

 --高木美帆とダブル表彰台

 「もう一段、高いところで2人で並べたら最高だった。残すはお互い1種目なので、それぞれの舞台で実力を出し切れたらいい」

 --500メートルへ向けて

 「今回のことは忘れて、自分の得意な500メートルに集中していきたい」