ここから本文です

銅メダル 高木美帆「自分の体がよくここまで戦ってくれた」

2/14(水) 20:45配信

産経新聞

 平昌冬季五輪のスピードスケート女子1000メートルで銅メダルを獲得し、今大会2個目のメダルを手にした高木美帆(日体大助手)は「1500メートル以上に自分を褒めてあげたい」「自分の体がよくここまで戦ってくれたな」と語った。一問一答は以下の通り。

     ◇

 --1500メートルに続くメダル獲得

 「はい、1000メートルでの低地自己ベストを出すことができて、やっぱり1位取れなかったっていうときは、あのぉ、掲示板で2番を確認したときは、一番取れなかったなと思ったんですけど。

 レース内容として、ええとぉ、この体の状況で自分が想定していた以上のレースをすることができたので、そこはなんかセンゴ(1500メートル)以上に自分を褒めてあげたいなっていうふうに思っています」

 --目の前で驚異的な五輪新記録が出た

 「ええとぉ、テルモルス(オランダ)のタイムは見ていなかったので、そのぉ、まぁ一番になったんだなっていうのは把握して、でも、それ以上は自分との戦いだと思っていたので、本当に自分の滑りだけに集中して滑りました」

 --1500メートルで銀メダルを取り、違って気持ちで臨めた?

 「そうですね、ええとぉ、やっぱりそのセンゴ(1500メートル)のダメージってのがあって、直前まで自分もどうなるんだろうっていうふうには思っていたんですけど、自分の体がよくここまで戦ってくれたなっていうふうに思って(笑)、います」

最終更新:2/14(水) 21:00
産経新聞