ここから本文です

【フェブラリーS】テイエムジンソク、絶好調の古川背に悲願Vだ

2/14(水) 22:00配信

サンケイスポーツ

 昨年5月の東大路Sから7戦連続連対中のテイエムジンソク(栗東・木原一良厩舎、牡6歳)は悲願のGI初制覇を狙う。前走の東海Sでは、逃げて完勝し、重賞2勝目を飾った。今回はマイル、芝スタート、コーナー2つの設定がいずれも初めてで、そのあたりが鍵となりそうだが、もともとスピードがあるタイプ。父クロフネは武蔵野S(東京ダート1600メートル)で1分33秒3の驚異的なタイムを叩き出したレコードホルダーだ。血統的にもマイルでさらに良さが出る可能性を秘めている。【5・2・0・0】と相性抜群の古川吉洋騎手は今年、東海Sに続き、4日のきさらぎ賞(サトノフェイバー)で重賞2勝目をマーク。13日に騎乗停止処分を受けたものの、不服申立期間との兼ね合いで、今週の騎乗は可能となった。絶好調男の手綱さばきにも注目だ。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ