ここから本文です

糖尿病対策で協定 ノボノルディスクファーマと

2/14(水) 10:24配信

福島民報

 福島県郡山市は13日、製薬会社のノボノルディスクファーマ(本社・東京都)と糖尿病対策に関する包括連携協定を結んだ。市内では近年、糖尿病患者が増加傾向にあり、協力して対策に取り組む。同社が国内の自治体と協定を結ぶのは初。 
 同社はデンマークのグローバルヘルスケア企業「ノボノルディスク社」の日本法人で、国内唯一の生産拠点が市内の郡山西部第二工業団地にある。 
 協定は若年層の糖尿病の発症予防、糖尿病患者の重症化や合併症発症予防、高齢者の糖尿病ケアに共同で取り組む内容。具体的な事業は今後詰めるが、地域特有の糖尿病に関する課題の分析、認知度向上のための啓発活動などに、同社の専門的技術や知識を活用することを想定している。 
 協定締結式は市役所で行われ、品川萬里市長と同社のオーレ・ムルスコウ・ベック社長が協定書に署名した。 

福島民報社

最終更新:2/14(水) 11:22
福島民報