ここから本文です

福島―沖縄線再開要望 福島空港活用協 JTAを訪問

2/14(水) 10:25配信

福島民報

 福島県郡山市福島空港活用促進協議会は13日、日本トランスオーシャン航空(JTA、本社・那覇市)に福島空港発着の沖縄定期路線の再開を要望した。 

 協議会が企画した「こおりやま市民の翼 沖縄研修旅行」で沖縄県を訪れている伊藤清郷郡山商工会議所副会頭、菅野利和郡山市副市長がJTA本社を訪れ、内間康貴取締役路線事業部門担当、東川平靖取締役執行役員に要望書を手渡した。内間氏は「厳しい状況だが、JALグループ全体で何ができるかを検討していきたい」と述べた。 
 要望書では「こおりやま市民の翼」で3回目となった沖縄訪問の実績を示した上で、「東日本大震災や厳しい経済環境の中でも福島、沖縄両県の絆は受け継がれている」として、沖縄直行便の再開を求めた。 
 この日、一行は日本旅行業協会沖縄支部にも再開への協力を要望した。沖縄県、那覇市などに理解を求めた。 
 「こおりやま市民の翼」は福島空港の利活用促進が目的。市民ら約70人が参加し、12日から3泊4日の日程で辺戸岬、おきなわ美ら海水族館など沖縄県内の観光スポットを訪れている。14日には那覇市で「こおりやま市民の夕べ」が開かれ、現地の郡山市フロンティア大使や沖縄福島県人会員らと交流する。 

福島民報社

最終更新:2/14(水) 11:24
福島民報