ここから本文です

脳疾患考えよう 18日に郡山で県民健康セミナー

2/14(水) 10:25配信

福島民報

 福島民報社の「県民健康セミナー~健康について考える」は18日午後1時から郡山市のビッグパレットふくしまで開かれる。参加者を募集している。 
 福島医大、JA共済連福島の後援。県内では特定健診でメタボリック症候群に該当した県民の割合が全国ワースト3位になるなど、健康指標が悪化している。県民の健康改善につなげようと初めて開催する。 
 今回は脳疾患がテーマ。当日は福島医大健康増進センター長の大平哲也教授が「脳卒中を予防して健康寿命を延ばそう」、福島医大神経外科学講座の佐久間潤教授が「脳卒中で死なないために」と題して講演する。 
 参加希望者は名前、郵便番号、住所、電話番号、人数を明記し、ファクス024(533)4343か、メールoubo@fukushima-minpo.co.jpまで申し込む。 
 電話での申し込みと問い合わせは福島民報社営業部内の事務局 電話024(531)4153へ。 

福島民報社

最終更新:2/14(水) 11:25
福島民報