ここから本文です

6号国道で聖火リレーを いわき市と双葉町村会が五輪相に要望

2/14(水) 11:06配信

福島民報

 福島県いわき市と双葉地方町村会は13日、鈴木俊一五輪相に対し、2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーで県内の6号国道を縦断するルートを採用するよう要望した。鈴木氏は「復興五輪」の位置付けに適したルート設定が必要との認識を示した。 
 清水敏男いわき市長、双葉地方町村会の松本幸英会長(楢葉町長)、遠藤智広野町長が東京都内で鈴木氏に要望書を提出した。聖火リレーは東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で被災した浜通り地域が復興している姿を国内外に発信する好機になるとしている。清水氏は「国は(東京五輪を)復興五輪と位置付けている。復興に向けて取り組んでいる浜通りを縦断する6号国道で聖火リレーを実施してほしい」と求めた。 
 鈴木氏は各都道府県に設けるルート選定の実行委員会で地域ごとの案を作ると説明し、「県内の実行委員会で(復興五輪に)ふさわしいルートを作ってもらうことが重要。要望内容は県にもしっかり伝えたい」と述べた。 

福島民報社

最終更新:2/14(水) 11:22
福島民報