ここから本文です

寒さからのプレゼント!? 福井で『白虹』出現!

2/14(水) 10:54配信

ウェザーニュース

 14日(水)朝、福井県で白い虹が出現。これは、『白虹』もしくは『霧虹』と呼ばれる現象です。

 現地の方によると、「雪がたくさん積もって地表が冷えているので、この時期は晴れていればよく見ることができる」とのこと。実際、今日の福井市周辺は晴れてマイナス3.7℃まで冷え込んだため、白虹を見る事が出来ました。

白虹のメカニズム

 通常の虹は太陽の光が雨に反射する際、雨粒がプリズムの役割を果たして太陽光が分光されるため、七色に見えます。

 一方、白虹は太陽の光が霧に反射して見られます。霧の粒は雨粒より細かいため、プリズムのように分光されず、全ての波長(色)の光が同じように散乱されます。このため白く輝くのです。

 朝虹は雨のサイン、とも言いますが、白虹の場合は晴れのサイン。

 今日の福井県は久々に晴れて、雪の片付けが捗る天気となっています。ただ、段々と風が強まるため、屋根など高い場所での雪下ろしは控えた方がよさそうです。

ウェザーニュース