ここから本文です

平湯大滝 厳寒の美 ライトアップ試験点灯

2/14(水) 9:24配信

岐阜新聞Web

 凍り付いた岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯の平湯大滝を照らすライトアップ行事「結氷まつり」を前に13日、試験点灯があり、厳しい寒さが生み出した迫力ある自然美が闇夜に浮かび上がった。
 平湯大滝は落差64メートル、幅6メートルあり、日本の滝百選にも数えられる。平湯は今季、夜間に氷点下十数度まで下がり、「冷え込みが強く、いい感じに凍った」と同温泉観光協会の山田幸一副会長(49)。1月中旬ごろから、下から上へと結氷していったという。
 大きなつららのような氷が張り付いた滝は、周囲の1メートルを超す積雪と合わせ厳寒地ならではの景観。3色11基の照明が幻想的に照らし出していた。
 「結氷まつり」は15~25日の午後6~9時。

岐阜新聞社

最終更新:2/14(水) 11:55
岐阜新聞Web