ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

剛力彩芽とベッキーは、「彩芽」「ベキ姉」と呼び合う仲!?

2/14(水) 0:10配信

ニッポン放送

2月13日(火)、ニッポン放送イマジンスタジオで、ラジオ番組『剛力彩芽スマイルS2スマイル』のスペシャル公開録音が行われた。

同番組にとっておよそ4年ぶり、通算4回目となる公開録音。今回は前編と後編に分け、2月16日(金)と2月23日(金)に放送される、2本分の番組収録を行った。

2月16日(金)放送分となる前編では、観客との温かいやり取りを楽しんだ剛力彩芽。剛力がCMキャラクターを務める「山崎製パン」の番組提供丸5年ということで、同社を代表して石谷執行役員による花束贈呈や、剛力がヤマザキランチパックの生コマーシャルに挑戦するといった企画も行われた。緊張しながらも堂々と原稿を読み上げる剛力を会場に集まった120人があたたかく見守った。

剛力が会場からの質問に答えるコーナーでは、ここぞとばかりに会場から様々な質問が。朝、時間はある方ですか?という質問には、「朝30分くらいぼーっとしているんで、全然時間ないです。母親に電話で起こしてもらってて、2度寝も全然しちゃいます。」と朝に弱いことが明らかに。

毎日笑顔でいられるコツを聞かれると、「私、独り言が多くて、1人で妄想して笑ってるんですけど、そういうところから始めてもいいかも(笑)心から楽しいと思って笑うことが大事なので、自分が思う楽しいこと、大切な人に起きたハッピーを感じてみるのはいかがですか?」と明るくいるためのコツを伝授した。

しかし部屋の掃除にやる気を出す方法については、「私も聞きたいです(笑)」と回答。「使ったものを元に戻すことが、分かってるのにできないんですよね。」とズボラな一面についても話した。

また、番組ではおなじみのコーナー『いいデート、悪いデート!』も展開。このコーナーは、その名の通り、リスナーが体験したステキなデートや最低なデートの話を紹介していく内容となっているが、今回は公開録音ということもあり、会場からもお便りを募集した。

まず“悪いデート”として紹介した内容は「相手から誘ったのに終始会話なしの無言」というもので、それに対して剛力は無言は「ツライね」と苦笑し「向こうが喋らなかったら、私も喋らないかも…」と話したが、会場から「喋ってそう」と声が飛ぶと「そうかも、ずっと喋ってるかもね。」と笑った。

逆に“いいデート”として高校生になった息子たちがお金を貯めて熱海旅行をプレゼントしてくれたという親孝行デートを紹介した剛力は「こういうのいいよね、一生残るし。私も何かしようかなぁ」と話し、会場はほのぼのとした空気に包まれた。

さらに、剛力が抽選で選ばれた観客男女1名とラジオドラマで共演するという、思い切った企画も行われた。内容は、剛力が今年赴任したばかりの教師役で、生徒の男女をリスナーが演じるいったもので、赴任から卒業までの気持ちの移り変わりをまとめた短編ドラマとなっている。いつも1人でラジオドラマ演じている剛力は、今回リスナーとともに作ることができたことを喜び、笑顔で演じ切った。

1/2ページ

最終更新:2/14(水) 0:10
ニッポン放送