ここから本文です

バレンタインデー婚に備え空港に出張窓口、米ラスベガス

2/14(水) 9:55配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【2月14日 AFP】米ラスベガスの婚姻事務を管轄するネバダ州クラーク(Clark)郡が、結婚するカップルが急増するバレンタインデーに備えて空港に出張窓口を開設した。

 マッカラン国際空港(McCarran International Airport)の荷物受け取りターンテーブルの脇に10日に設置された結婚許可証発行カウンターには、途切れることなくカップルが訪れている。

 テキサス州ダラスから訪れたカップルは、「空港から郡の事務所に行って並ぶ手間が省ける」と喜んでいた。

 結婚許可証の発行手数料は77ドル(約8300円)で、観光客に人気のラスベガスのほとんどの教会で有効だ。

 ラスベガスのウエディング産業は地元経済に年間20億ドル(約2200億円)もの収益をもたらしている。クラーク郡が年間に発行する結婚許可証は約8万件で、全米最多。このうち1500件あまりがバレンタインデーに発行されている。米国で結婚するカップルの25組に1組はラスベガスで挙式している。

 空港の出張窓口は17日まで開設されている。映像は10日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:2/14(水) 9:55
AFPBB News