ここから本文です

戸塚優斗が転倒、担架で搬送 男子ハーフパイプ・決勝、平昌オリンピック

2/14(水) 12:20配信

ハフポスト日本版

2月14日、平昌オリンピック大会6日のスノーボード男子ハーフパイプの決勝に出場した戸塚優斗(ヨネックス)が、2回目の滑走で、ハープパイプのふち(リップ)に落下し転倒。自力で動くのが難しくなった戸塚は担架で運ばれた。得点は7.00点だった。

日本勢の1番手として登場した16歳の戸塚は1回目、終盤で転倒し39.25点を獲得。8位につけていた。搬送後、3回目を棄権した。

Twitterなどでも、戸塚を心配する声が次々にあがっている。

■戸塚優斗プロフィール

2001年9月27日生まれ、16歳。神奈川県出身、神奈川・光明相模原高在学。ヨネックス所属。168センチ、58キロ。今季W杯種目別優勝。

ハフポスト日本版編集部