ここから本文です

産業廃棄物などを焼く火事 下田 建物解体工事会社から白煙

2/14(水) 19:03配信

静岡放送(SBS)

 2月14日、下田市で産業廃棄物の一時保管場所に運び込まれたゴミや廃棄物を焼く火事がありました。
 14日午前8時半頃、下田市大沢の建物解体工事会社の事業所で「ゴミから火が出た」と作業員から119番通報がありました。火は、10トンダンプからおろした積荷の廃棄物を焼き、およそ2時間後に消し止められました。この場所は産業廃棄物を一時的に保管するところで、荷おろし中にダンプのコンテナが壊れたため作業員がガスバーナーでコンテナを直していたところ、周りにあった廃棄物に燃え移ったということです。この火事でケガ人はいませんでしたが現場周辺は白い煙に包まれ一時騒然としました。

静岡放送(SBS)

最終更新:2/14(水) 19:03
静岡放送(SBS)