ここから本文です

JALの次世代機「エアバスA350-1000」日本初公開

2/14(水) 20:06配信

sorae.jp

日本航空(JAL)が導入を予定している、エアバス社製の最新型ジェット旅客機「A350XWB-1000」が初めて日本に飛来し、羽田空港で報道公開された。

日本航空がエアバス機を導入するのは、前身のひとつである日本エアシステム(導入当時は東亜国内航空)がA300型を導入して以来。A300シリーズ最後の納入は合併後の2002年で、2011年には全機が退役している。2019年にA350XWBが納入されればエアバス機の運航は8年ぶり、新造機の導入は実に17年ぶりとなる。

2019年に導入されるのはA350XWBの基本型、A350XWB-900と呼ばれるタイプで、すでに2015年からカタール航空で運航されている。今回飛来したのは胴体を延長したA350XWB-1000で、エアバス社所有の試験機が最終段階のテスト飛行を兼ねてアジア太平洋ツアーを実施した。

777と交代、JALの主力大型機に

A350XWB-900はボーイング社製の787-10や777-200に相当する大きさで、3クラスの標準的な座席レイアウトで325人乗り。同じく-1000は777-300に相当し、366人乗り。このため日本航空では現在主力大型機として保有している777をA350XWBで置き換える計画だ。日本航空の777の保有機数は合計40機で、A350XWBの発注機数は-900が18機、-1000が13機、オプション(未確定の予約)25機の合計56機。すべて納入されれば777を置き換えて余りある機数となる。特に-1000は長距離国際線用の主力機材となることが期待されている。

A350XWBの機体を見てみよう。胴体と主翼の大半は炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製で、開発が先行したボーイング787と同様だ。A350XWBのライバルである777も新しいCFRP製の主翼を開発中だが胴体は従来と同じアルミ合金製のため、エアバス社では「全く新しく開発したA350XWBの方が優れている」と説明している。

1/3ページ

最終更新:2/14(水) 20:06
sorae.jp