ここから本文です

営業所内でバスの下敷きに…運転手の遺体発見 滋賀・草津市

2/14(水) 12:59配信

朝日放送

朝日放送

14日朝、滋賀県草津市の路線バス営業所で、運転手の男性がバスの下敷きになって死亡しているのが見つかりました。

午前6時半ごろ、草津市山寺町の「帝産湖南交通・草津営業所」で、1台のバスが出入り口近くの縁石に乗り上げて止まっているのを従業員が発見しました。バスはエンジンがかかったままで、従業員がバックさせたところ、このバスの運転手・木戸正男さん(72)が下敷きになっているのが見つかり、その場で死亡が確認されました。営業所内の防犯カメラには、バスの前の方を確認している木戸さんとみられる男性の姿が映っていたということです。現場の敷地はゆるい坂道で、バスのギアがニュートラルになっていたことから、警察は、木戸さんが乗務直前、何らかの作業をしていた際にバスが動き出し、下敷きになった可能性があるとみて調べています。

朝日放送

最終更新:2/15(木) 1:13
朝日放送