ここから本文です

りゅうちぇる、自分を偽り悩んだ少年時代 「普通を変えよう」デビュー曲で歌う

2/14(水) 21:04配信

BuzzFeed Japan

タレントのりゅうちぇるが、アーティスト「RYUCHELL」として一歩を踏み出した。デビューシングル「Hands up!! If you're Awesome」を2月14日に配信した、歌手RYUCHELL。「普通」であることを求められ、苦悩した過去を振り返り、自分らしさを貫く大切さを語った。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

【写真】ぺこ&りゅうちぇるのウェディングができるまで 「二人は本当に息がぴったり」

討論番組で得た気づき

――アーティスト活動を始めたキッカケは。

「りゅうちぇる」と名乗る前の「比嘉龍二」のころから経験してきたこと、感じてきたことを歌にしたい、という思いがあって。1年ほど前からボイストレーニングとかダンスとか、土台づくりをしてきました。

読者モデルからテレビの仕事を始めて、まずは「みんなを元気にできるタレントになりたい」という思いでいたんですね。でも、討論番組に出たりしているうちに、意見を言うことが楽しくなってきて。

笑ってもらう以外にも、自分が意見を発することでできることがある。みんなが「新しい自分」で明日をスタートする。そんなキッカケづくりができるんじゃないかって考えるようになりました。

それで自分でも作詞をするようになって。だから、バラエティーに出ていなければ、歌をやろうとは思っていなかったですね。

地元で浮いていたこと、性に悩んで個性を出せずにいたこと。学校に通っていたころのボクと、同じような悩みを抱えている人がいる。Twitterとかインスタにもコメントが届くんです。

そういう声をキャッチして、自分なりに考えて発信したかった。ボク自身、歌に助けられてきたし、歌にパワーがあるってことはわかっていたので、歌という手段を選びました。

歌だったら、音楽、ミュージックビデオ、ファッション、メイクも含めて世界観を伝えられる。自分の考えをギュッと3~4分に凝縮できるところに、すごく魅力を感じます。

「オカマだろ」罵倒され

――沖縄時代は悩むことも多かったのでしょうか。

幼稚園生のころは、おままごとが好きで。みんなが「仮面ライダー」とかを見ているころに、「おジャ魔女どれみ」を見てました。バービー人形も好きだったし。

その時から、子どもなりに人と違うってことを感じてました。「あ、自分の素を出したらいじめられるんだ」って。中学生のころまで、ずっと自分を隠してましたね。

かわいいものが大好きだけど、男の子ではなくて女の子が好き。本当に、「普通の男の子」になれれば楽なのになぁって思ってました。

「絶対ウソだ。男が好きなんだろ」「オカマだろ」って何度も言われて、親からも「普通の男の子はこういう格好しないよ」って。

居場所がないし、自分がわからない。人から色々言われすぎて、「普通って何なんだろう」「ボクって何なんだろう」って悩んでました。

1/4ページ

最終更新:2/14(水) 21:12
BuzzFeed Japan