ここから本文です

GODIVA「苦痛ならやめた方がいい」、有楽製菓「義務チョコは減る」 “義理チョコ論争”は上手な棲み分け?

2/14(水) 15:01配信

AbemaTIMES

 今、一風変わったお風呂で話題を集めているのが箱根・小涌園ユネッサンの“チョコレート風呂”。2月末までの限定企画で、チョコレートソースをかけてくれるのが若者に大人気だ。

 2月14日のバレンタインデー。女性は誰にどんなチョコをあげようと思っているのか、街の人に聞いてみると「彼氏に作る」「職場にいる男性の職員さんに買ったりして渡す。仕事の一環」「友達、本命、職場の人、家族。(義理チョコは1人)1000円以内」「(チョコをあげる)理由の1つにホワイトデーがある。あげれば返ってくるから」「(義理チョコも)あげる。あげると倍返しで返ってくるから。絶対お得」と義理チョコをあげると答えた人は多い。

 そんななか、ベルギーの高級チョコブランド「GODIVA」が衝撃的な広告を出した。それは「日本は、義理チョコをやめよう。」というものだ。一方で、この斬新な提言に即日反応したのが義理チョコの代表格「ブラックサンダー」を製造する有楽製菓。Twitterに「よそはよそ、うちはうち。(中略)義理チョコ文化を応援いたします」と投稿した。

 GODIVAはどのような意図で広告を出したのか。『けやき坂アベニュー』(AbemaTV)の問い合わせに対しGODIVAからは「もし義理チョコが少しでも苦痛になっている人がいるのであれば、それはやめてしまったほうがいいのではないか、と私たちは思います。それが今回の新聞広告の趣旨です。お客様が楽しくないバレンタインデーは、私たちチョコレート会社にとっても楽しくないバレンタインデーです」との見解が寄せられた。

 一方の有楽製菓からは「苦痛に感じながら用意する、いわゆる【義務チョコ】と呼ばれるような義理チョコは減り、心のこもった義理チョコがやりとりされるようになっていけばより良いと思います」との回答が寄せられた。

 このGODIVA、有楽製菓の両社の見解について、国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏は「GODIVAは痛くもかゆくもない。むしろあの広告の後、あえてGODIVAを買った人は真心で買っているというバックアップをもらえる。セレブに訴えるGODIVAと、『2番手でいいんだ』『そこまでセレブじゃない』とキレ返す人たちを拾うブラックサンダーとのうまい棲み分けが起こっているのでは」と分析した。

 そんな論争が盛り上がっているなかで、今年大注目のチョコが「ルビーチョコレート」。エクアドルやブラジル、コートジボワールなどで栽培される赤みを帯びた希少品種「ルビーカカオ」から作られた、着色料を使っていないピンク色のチョコレートだ。スイスのチョコレート会社・バリーカレボーが約10年にわたる研究を続け、ようやくルビーカカオの持つ綺麗な色を最大限に生かす特殊な製法を開発したという。

 なお、ルビーチョコレートは「ダーク」「ミルク」「ホワイト」に続く“第4のチョコレート”と呼ばれ、新たなチョコレートの登場は約80年ぶりとも言われている。
(AbemaTV/『けやき坂アベニュー』より)

最終更新:2/14(水) 15:01
AbemaTIMES