ここから本文です

ミツバチを救う? 花粉を抽出する人工授粉装置「SYNTHETIC POLLENIZER」

2/14(水) 21:00配信

bouncy

オーストラリアのアーティストMichael Candy氏が開発した人工授粉装置「SYNTHETIC POLLENIZER」。ミツバチの生態系を観察するため手がけられたプロトタイプで、人工的に花粉を抽出し、ミツバチが花粉を採取する活動をサポートすることができる。

希少な蘭の花を模した精巧な花びら

「SYNTHETIC POLLENIZER」は、花粉のフィラメントをポンプやチューブを用いて汲み上げ、希少な蘭の花を模した合成樹脂製の花びらに抽出する仕組みだ。

ミツバチが本物の花と同様に合成花から花粉を集める様子を、搭載のカメラで詳細に観察することが可能となる。

絶滅の危機に脅かされているミツバチの生態系を守る試み

Michael Candy氏は、多くの科学者が、絶滅の危機に脅かされているミツバチの生態系を守るための研究に活かせるよう、何年もの研究を重ね「SYNTHETIC POLLENIZER」を開発した。今後養蜂家や地域の地域の人々と協力して、人工授粉装置のネットワークを広げていくとう。

アイデアと想いが、生き物の豊かな活動を支えていく。

michael candy

Viibar.Inc

最終更新:2/14(水) 21:00
bouncy