ここから本文です

母と小2次女が心中か…さいたまのアパート 現場見つめる近隣住民、最近も楽しく会話「ただただショック」

2/14(水) 22:19配信

埼玉新聞

 14日午前7時ごろ、埼玉県さいたま市南区辻のアパート2階の一室で、この家に住む無職女性(36)と小学2年の次女(8)が死亡しているのを、別の部屋にいた中学生の長女が発見、同じアパートに住む親族が110番した。浦和署は心中を図った可能性もあるとみて、詳しい状況を調べている。

 現場は国道17号沿いの住宅街で、同世代の子どもがいる家庭も多い地域。幼い子どもが犠牲となった事件に、近隣住民は「ショック…」と不安そうに現場を見詰めた。

 子どもが同じ小学校に通っているという40代女性は「運動会の応援に来たり、小学校の送り迎えをしたり、仲が良さそうな家族だった」と話す。2カ月ほど前にも女性の赤ちゃんを抱いて、あやしたり「かわいいね」と、死亡した女性と話をしたという。

 40代主婦は2週間ほど前に学校の行事で親子を見掛けたばかりだという。「知り合いのお母さんと楽しそうに会話していて変わった様子はなかった」と戸惑った様子。「(次女は)元気で活発な女の子だった。ただただショック。まだ幼いのにかわいそう」と声を落とした。

最終更新:2/14(水) 22:23
埼玉新聞