ここから本文です

CL PSG対マドリーの強豪対決、リバプールの快速FW2人にも注目集まる

2/14(水) 20:01配信

SPORT.es

2月15日に欧州チャンピオンズリーグ(CL)の2試合、レアル・マドリード対パリ・サンジェルマン(PSG)、FCポルト対リバプールが行われる。

【ハル・シティのMFライアン・メイソン、26歳という若さで早すぎる引退】

今季、調子が上がらないマドリーはホームにPSGを向かえる。23節を終えて(マドリーは1試合未消化)4位に位置するマドリー。クラシコで0-3で敗北し、ライバルであるFCバルセロナと勝ち点差は17に開き、コパ・デル・レイでも準々決勝レガネス戦に敗北し、残すタイトルはほぼCLのみとなってしまった。

対するPSGはリーグ戦で2位モナコに勝ち点差12をつけ、首位を走っている。主に攻撃陣は強力でリーグの得点ランクで1位カバーニ(21点)、2位ネイマール(19点)と持ち前の得点力を発揮している。

両チームが中3日で迎えるこの一戦は、チケットの転売額が約330万円になるほど注目を集めている。両者、怪我人は2人でマドリーはカルバハルとバジェホ、PSGはチアゴ・モッタとベン・アルファを欠くことになる。前節のレアル・ソシエダ戦でハットトリックを決めたクリスティアーノ・ロナウド擁するBBCとネイマール、カバーニ、ムバッペの攻撃的3トップの対決から目が離せない

もう一つの試合FCポルト対リバプール。リーグ戦で未だ負けなしのポルト。首位を走る同チームはリーグ最小失点を誇っており、マドリーでも活躍したカシージャスがGKを務めている。しかし、チームトップスコアラーのムサ・マレガは出場できるものの、怪我人が多くエースのアブバカルを欠いて試合へ望むことになる。

対するリバプールは現在プレミアリーグ3位に位置している。マンチェスター・シティに初黒星をつけた同チームであるが、その次の試合で当時最下位のスウォンジー・シティに敗戦、FAカップのWBA戦に敗北するなど不安定さが露見している。しかし、前線のサディオ・マネ、モハメド・サラーの快速ウィングを中心とした攻撃は非常に強力である。エムレ・ジャンが累積警告で出れないもののそれ以外の選手は出場可能だろう。

13日に行われたCLの2試合ではどちらもアウェイが有利な状況に終わった。プレミア勢が結果を残している中でリバプールもそれに続けるか、マドリー対PSGという世界屈指のクラブ同士の戦いはどちらが上回るか、2つの試合から目が離せない。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2/14(水) 20:01
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合