ここから本文です

電球内部にディスコボールを組み立てる動画がスゴ技の連発

2/14(水) 23:10配信

ギズモード・ジャパン

自宅をディスコにしちゃいます。

部屋の天井にミラーボールがあるお宅は、毎日サタデー・ナイト・フィーバーできちゃいますよね。部屋のムードを演出する鏡の玉がクルクルしてるなんて、なんだかシャレてます。

【記事の全画像】電球内部にディスコボールを組み立てる動画がスゴ技の連発

そこで、一般的な電球のなかに、小さいながらも効果抜群なミラーボールを作ってしまった猛者が登場しました。まるでボトルシップのように作っていくのですが……これがよく考えられたアイディアなんですよ。

ふつう、電球の口は直径が小さく、それより大きいものは入りませんよね。ですが今回は、木を球体に削ったボールを4分割にし、ヒモで繋げてバラしながら挿入。電球の内側でヒモをまとめて4つを合体させたわけです。原始的ながら、目からウロコの方法。

口の部分にApple(アップル)のUSB電源アダプタの中身とモーター、LEDを埋め込み、ソケットに挿せば自転するようになります。これで自家製、電球型ディスコボールの完成!

真似して作るのは難しそうですが、一家にひとつ天井のどこかにブラ下がっているとステキですね。マジで欲しくなりました。


Image: YouTube
Source: YouTube via Hackaday

Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文]

(岡本玄介)