ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

定例会開会、川崎市長が施政方針演説

2/14(水) 17:17配信

カナロコ by 神奈川新聞

 川崎市議会第1回定例会が13日開会し、福田紀彦市長は市の2018年度一般会計当初予算案や17年度補正予算案、条例案など計57議案を提出した。

 福田氏は施政方針演説で、人口増に伴う駅の混雑や保育需要の高まりに触れた上で、「当面続く人口増加に対応しながら、その先に確実に訪れる人口減少も見据え、市政のかじ取りを行わなければならない時期であり、来るべき将来に向け、今なすべきことにしっかり取り組んでいく」と決意を述べた。

 同定例会は3月16日までの32日間で、代表質問は自民党、公明党が2月26日、共産党、民進みらいが同27日に行う。予算審査特別委員会は3月5、6、7、8日の4日間。