ここから本文です

メルカリ シェア自転車に参入

2/14(水) 7:48配信

ホウドウキョク

ユーザーとの共同運用を目指す。
メルチャリ担当者は、「メルチャリのコンセプトは、いつでも、どこでも使えること、共同運用型であることが特徴」と話した。
フリーマーケットアプリを展開するメルカリは13日、都内で会見し、2月から始めるシェアサイクルサービス「メルチャリ」の事業内容を発表した。
スマートフォンで自転車の置き場所を検索できるほか、QRコードを読み取ることで鍵を開けることができる。
また、個人の住宅や、店舗の軒先にあるスペースを提供してもらうことなどで、駐輪場を確保するとしていて、利用者と地域住民の共同運用を目指したいとしている。
メルチャリは2月27日から、福岡市でおよそ400台でサービスを始め、夏ごろまでに、およそ2,000台まで増やしたいとしている。
シェアサイクル事業では、LINEやNTTドコモ、セブン-イレブン・ジャパンなど参入が相次いでいて、競争は激しさを増すとみられる。

・「メルカリ シェア自転車に参入」を映像で見るなら

最終更新:2/14(水) 7:48
ホウドウキョク