ここから本文です

雪被害 雪崩や家屋損壊も

2/14(水) 13:48配信

ホウドウキョク

日本海側で降り続いていた雪は弱まり、晴れ間も見えているが、積もった雪で雪崩が起きるなど被害が出ている。
日本海側では、14日も、ところどころで雪が降っていて、午前11時現在の積雪は、秋田・湯沢市金谷で145cmなどとなっている。
この大雪の影響で、13日夜、秋田・湯沢市の旅館の裏山で、雪崩が起きた。
旅館には宿泊客はおらず、けが人はいなかったものの、旅館の窓ガラス5枚が割れるなどした。
また、金沢市でも、屋根に降り積もった雪の重みで、空き家の2階部分がつぶれ、ガラスが割れる被害があった。
こうした中、休校が続いていた福井県内の99の公立小中学校で授業が再開し、児童が雪に足を取られないよう、気をつけて登校する姿が見られた。
14日は、全国的に予想最高気温が13日よりも5度前後高く、積雪の多いところでは雪崩に十分な注意が必要となる。

・「雪被害 雪崩や家屋損壊も」を動画で見て理解を深める

最終更新:2/14(水) 13:48
ホウドウキョク