ここから本文です

姶良市の新年度当初予算案 289億円

2/14(水) 20:35配信

MBC南日本放送

姶良市は14日、総額289億2600万円の新年度一般会計当初予算案を発表しました。前年度の当初予算と比べ0.7%増です。


歳入は、市税が1.5%増の69億1400万円、地方交付税が4.0%減の71億5000万円などで、市債は9.9%減の26億3500万円を見込んでいます。歳出は、扶助費が3.6%増の84億8500万円、普通建設事業費が1.5%減の28億9700万円などで、公債費は1.7%増の36億5200万円を計上しました。


主な事業は、フットボールセンターの新設など姶良市総合運動公園整備事業1億2000万円、九州自動車道・桜島サービスエリアのスマートインターチェンジ設置など社会資本整備総合交付金事業4億9700万円、蒲生のクス保護増殖事業1200万円などです。


姶良市は新年度予算案について、「今年4月に市長選挙が予定されていることから、継続の事業など最低限必要な経費を盛り込んだ骨格予算となった」としています。この予算案は、今月20日開会する市議会に提案されます。

MBC南日本放送 | 鹿児島

最終更新:2/14(水) 20:35
MBC南日本放送