ここから本文です

カーリング日本男子が金星!世界3位ノルウェー撃破

2/14(水) 22:49配信

日刊スポーツ

<ピョンチャン五輪・カーリング:日本6-4ノルウェー>◇14日◇男子1次リーグ

 日本(世界ランキング8位)がノルウェー(同3位)との1次リーグ初戦を6-4で勝利した。

 日本は同点の第7エンド、スキップ両角友佑(33=SC軽井沢ク)が1投目をガードストーンに当て、その石が相手のストーンを2つはじき出す絶妙のショットを決める。その後も的確に相手の石を押し出し、このエンドで2点を挙げて勝ち越しに成功。ノルウェーに1点差まで追い上げられる場面もあったが、格上相手から逃げ切った。

 1次リーグは10チームが総当たりのリーグ戦を争い、上位4チームが22日からの準決勝へ進む。日本の次戦は15日14時05分から英国戦が控える。

【試合後の選手コメント】

 ▽両角友佑の話 自分が投げればチームを救えるし、流れを引き寄せることもできる。落ち着いて投げられた。

 ▽両角公佑の話 意外と緊張はなかったですね。練習した通りにアイスもすごく読みやすかく投げられたので、良かったと思います。

 ▽山内剛史の話 みんなショットが決まっていたので、それぞれの仕事をしっかりやろう、僕もショット、スリープ、氷をじっくり見て、正確な情報を伝えようとしていました。

 ▽平田洸介の話 こっちに来る前に韓国で練習した成果をしっかり発揮できたと思う。上で見ている僕だったり、長岡コーチもしっかり安心して見られた。

 ▽清水徹郎の話 ハウスの中ではスキップ両角がしっかり投げることを信じて、僕のコールミスでそのショットがミスにならないように気をつけて集中して立っていました。

最終更新:2/14(水) 23:43
日刊スポーツ