ここから本文です

「オペラ座の怪人」出演者が確定申告を模擬体験

2/14(水) 17:13配信

日刊スポーツ

 JR京都駅ビル内の京都劇場で、劇団四季ミュージカル「オペラ座の怪人」に出演中のキャストが14日、同劇場内ロビーで、確定申告の模擬体験を行った。

 この日は、ラウル・シャニュイ子爵役の鈴木涼太、クリスティーヌ・ダーエ役の苫田(とまだ)亜沙子が参加。国税庁ホームページにある「確定申告書等作成コーナー」にアクセスし、税務署員の説明を受けながら申告書を作成した。

 作成はパソコン、スマートフォンやタブレット端末でも可能で、申告書は、郵便や、インターネットを通じた電子申告でも送付することができる。

 公演で全国を回る俳優にとっては、居住地以外からの申告はありがたいといい、鈴木は「思っていたより簡単に手続きができて驚きました。税務署に立ち寄らずに、好きなタイミングで申告書を作成することができるので、便利だと感じましたので、ぜひ利用したい」とコメントした。

最終更新:2/14(水) 17:24
日刊スポーツ