ここから本文です

小平奈緒、女王のすべてを吸収したオランダで覚醒

2/14(水) 22:14配信

日刊スポーツ

<ピョンチャン五輪:スピードスケート>◇14日◇女子1000メートル

 世界記録を持つ日本のエース小平奈緒(31=相沢病院)が1分13秒82で銀メダルを獲得した。期待された14年ソチ五輪で表彰台を逃し、同五輪で23個のメダルを獲得したスケート大国オランダに留学。精神面を鍛え、トップスプリンターへと成長した。金メダルこそ逃したが、24連勝中の500メートル(18日)では世界の頂点を狙う。1500メートル銀の高木美帆(23)は1分13秒98で銅メダルを獲得。同一種目の複数メダルは日本女子初の快挙となった。

【写真】女子1000 メートル で2位小平は表彰台でガッツポーズ

 懸命に腕を振った。小平は駆け抜けるようにゴールを通過した。金メダルのテルモルス(オランダ)には0秒26届かない。それでも、銀メダルを確認すると、左拳を握った。「最後ちょっと落ちたが、あきらめず、ゴールラインの先まで実力を出し切れた」。3度目の五輪で初の個人メダルにたどり着いた。

 メダルを逃したソチ五輪後に1人で渡ったオランダが、小平を変えた。指導を受けた長野五輪2冠のマリアンヌ・ティメルに指摘されたのは、レースに対する気持ちの弱さだった。練習仲間だった世界女王ブストの動きに目をこらし、視線、癖、練習方法と金メダリストのすべてを吸収した。

 留学初年度に、参戦9年目にしてW杯初優勝を果たす。2年間のオランダ生活を経て、16年5月に帰国。練習がない日でも、不安で体を動かしていた弱い姿はもうなかった。3度目の五輪へ、16年シーズンから500メートルで24連勝、今季は1000メートルで世界記録を出すなど、異次元のスピードを保ったまま、平昌(ピョンチャン)に乗り込んだ。

 小5で見た長野五輪の岡崎朋美の姿に憧れ、スケートにのめり込んだ。負けたことが悔しく、表彰式に出るのを嫌がったこともあった。誰よりも速く滑りたい。純粋な思いで、ついに個人種目のメダルに到達した。18日には得意の500メートルが控える。「今回のことは、もう忘れて、得意な500メートルに集中したい」。もう世界の頂点しか見ていない。

最終更新:2/14(水) 22:28
日刊スポーツ