ここから本文です

楽天・森「ストライク先行の投球できた」 DeNA今永参考フォームに手応え

2/14(水) 23:08配信

ベースボールキング

5年目の昨季は1勝…「立場的に気が抜けない」

 楽天の森雄大投手が14日、韓国・KIAとの練習試合に先発登板し、3回を投げ1安打3奪三振無失点と好投した。

 森は初回、すべて内野ゴロで3者凡退に仕留めると、2回は一死から、3者連続三振をマークした。3回は二死から初安打を許したが、次打者を投ゴロに退け3回を1安打投球。降板後、「練習試合の開幕戦を任せてもらって、打者に考える時間を与えずストライク先行の投球ができた」と振り返った。

 自主トレでは同じ福岡県出身で、1歳年上のDeNA・今永へ弟子入り。「一度、バッターから目を切る」と語る新フォームは今永を参考にしており、「プレートの立ち位置も一塁側から三塁側へ変えた」と語る。

 梨田監督は試合後、「右にやっかいなカット系の球とかよかったし、クイックも早くなった」と評価。それでも6年目を迎える左腕は、「立場的に1試合も気が抜けない」と危機感を露わにした。

BASEBALL KING