ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

F1 Topic:トロロッソ・ホンダ、離脱したレースエンジニアの後任決定。万全の体制でシェイクダウンへ

2/14(水) 12:16配信

オートスポーツweb

 トロロッソ・ホンダのチーム関係者によれば、2018年のレースエンジニアが、ようやく決定したようだ。 

レースエンジニアに昇格となったマティアス・スピニ

 トロロッソは昨年、カルロス・サインツJr.のレースエンジニアをマルコ・マタッサが、ダニール・クビアトのレースエンジニアをピエール・ハマランが担当していた。

 しかし、クビアトからピエール・ガスリーに交代したマレーシアGPで、ガスリーのレースエンジニアを務めたのはパフォーマンスエンジニアのベンジャミン・ミッチェルだった。シンガポールGP後、ハマランが妻の出産のため欠席したからだ。

 その後、ハマランはアメリカGPから現場に復帰し、ブレンドン・ハートレーの担当レースエンジニアとして、最終戦まで戦い、マタッサは日本GPまでサインツとアメリカGPでクビアトと、その後、最終戦までガスリーのレースエンジニアを務めて、シーズンが終了した。

 ところが、年が明けてから、昨年までサインツらを担当してきたベテランのレースエンジニアだったマタッサが、トロロッソからフェラーリへ移籍。レースエンジニア布陣を再編しなければならなかった。

 そのため、2018年にトロロッソのレースエンジニアがどのような布陣になるのか注目されていた。

 そんななか、トロロッソのチーム関係者から、2018年のレースエンジニアが、次のように決定したという情報が入ってきた。

マティアス・スピニ/ピエール・ガスリー担当
ピエール・ハマラン/ブレンドン・ハートレー担当

 ハマランは、前述のように昨年の終盤戦にハートレーのレースエンジニアを務めていた人物。これに対してガスリーを担当するになるスピニは、今年からレースエンジニアに昇格する。

 ただし、スピニはパフォーマンスエンジニアとして昨年終盤にガスリーと仕事した経験がある。つまり、チームはレースエンジニアとしての経験よりも、ガスリーと一緒に仕事をした経験を優先したわけだ。

 パフォーマンスエンジニアは、走行データを見ながら、マシンのセットアップを助言する人物。これに対して、レースエンジニアはドライバーと無線で直接コミュニケーションをとりつつ、パフォーマンスエンジニア、システムエンジニアなどガレージで仕事している多くのエンジニアたちのまとめ役である。

 そのため、レースエンジニアの多くがドライバーの好みをよく知り、かつチームに馴染んでいるチームのパフォーマンスエンジニアを昇格させるケースが多い。

 したがって、今回のトロロッソのレースエンジニア人選は、理にかなった決定といえよう。

 これでトロロッソ・ホンダのドライバーとレースエンジニアリング体制は決まった。あとは、そのエンジニアたちと向き合って仕事するマシンが、どれだけのパフォーマンスを持っているか。2月21日のシェイクダウンが注目されるところだ。

[オートスポーツweb ]