ここから本文です

ロールス・ロイス、初のSUVの車名を「カリナン」に決定。由来は「ダイヤモンド」

2/15(木) 10:02配信

carview!

ロールス・ロイスは、開発中の新型車の車名を発表した。公開されたその名は「カリナン(Cullinan)」。ロールス・ロイス初のSUVとなる。

>>ロールス・ロイス、14年ぶりFMCの最上級サルーン新型ファントムを日本発表<<

車名のカリナンは、20世紀前半に発掘された世界最大のダイヤモンド「カリナン ダイヤモンド」がその由来となっている。高いクオリティと希少性、そして群を抜く存在感という点でロールス・ロイスにふさわしい車名といえるかもしれない。

現在カリナンは、あらゆる場所において快適な乗り心地を確保することを目標に掲げ、アフリカの砂漠から中東、北極の極寒の地な様々な環境下でテスト走行を実施しているという。

なおカリナンは、7月に披露された新型ファントム同様、新世代のアルミスペースフレーム「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」をベースに構築される。軽量かつ高剛性な基本骨格が豪華SUVにどんな乗り味をもたらすのか楽しみだ。

株式会社カービュー

最終更新:2/15(木) 10:06
carview!