ここから本文です

【平昌五輪】 米ホワイト、3度目の金 男子ハーフパイプ

2/14(水) 15:50配信

BBC News

平昌五輪で14日、米国のショーン・ホワイト(31)が男子ハーフパイプ決勝で歴史的な3度目の金メダル獲得を果たした。日本の平野歩夢(19)は2大会連続の銀メダルを獲得した。

平野は2回目の演技で95.25を出しトップに立ったが、ホワイトが3回目に97.75で再度逆転した。

五輪で3回優勝するスノーボード選手は、ホワイトが初めて。

前回ソチ大会で4位に終わったホワイトは、2大会ぶり3度目の金メダルを手にして、涙にくれた。

米国にとっては、冬季五輪100個目の金メダルで、121個のノルウェーに次いで歴代2位。今大会のスノーボードでは4個目の金。

昨年の世界選手権で優勝した豪代表スコッティー・ジェイムズが、92.00で3位となった。

赤い髪が特徴的で「フライング・トマト」の異名をとるホワイトは、大会前に大きな練習中の事故に相次ぎ見舞われていた。9月には肩を痛め、10月にはニュージーランドでの事故で顔を62針縫うけがをした。

しかし1月のワールドカップでは満点の100点を実現し、復調ぶりを示していた。

ホワイトは2006年のトリ五輪と2010年のバンクーバー五輪で金メダルを得たが、前回ソチ大会では4位でメダルを逃していた。

スケートボードが正式種目としてデビューする2020年東京夏季五輪でも、出場も目指している。

複数の金メダルを獲得している他の名アスリートも、ホワイトの優勝を祝った。

元米陸上代表で五輪4冠のマイケル・ジョンソン元選手は、「ショーン・ホワイトの演技を見ていると、ゲームがすごく上手というのはこういう感じなんだろうなと思う。でも彼は本物なんだ!  しかもこれはゲームじゃない。これは競技で、彼はそのなかで圧倒的なベストだ」とツイートした。

五輪メダルだけで28個(金は23個)と歴代最多を記録している水泳界のスター、マイケル・フェルプス元選手も、「やった、ショーン・ホワイト!! !  おみごと!!  ばっちりカムバックするほど最高のものはないよな? ?  雪辱はいつでも最高の気分だ!!」とツイートした。

(英語記事 Shaun White wins Winter Olympics halfpipe gold in Pyeongchang)

(c) BBC News

最終更新:2/14(水) 15:50
BBC News