ここから本文です

米国市場(午前):株式先物は下げ、ドル指数上昇-CPI予想上回る

2/14(水) 18:12配信

Bloomberg

14日午前の米国市場では株式先物が上げ幅を失い、下げに転じた。ドル指数は上昇。米国債は値下がり。1月の米消費者物価指数(CPI)が予想を上回ったことに反応した。

S&P500種先物はニューヨーク時間午前8時32分現在、0.9%下落。統計発表前は0.5%上昇していた。米国債市場では10年債利回りが2.86%に上昇。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上げた。円は対ドルで0.5%高い1ドル=107円26銭、1年3カ月ぶり高値。

米労働省が14日発表した1月の消費者物価指数(CPI)は、前月比0.5%上昇。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.3%上昇だった。

原題:Stock Futures Sink, Treasuries Drop on CPI Beat: Markets Wrap(抜粋)

Jeremy Herron, Robert Brand

最終更新:2/14(水) 22:54
Bloomberg