ここから本文です

チャイナエア、燃油サーチャージ据え置き 日本発着、4-5月分

2/15(木) 11:44配信

Aviation Wire

 台湾のチャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)と子会社のマンダリン航空(華信航空、MDA/AE)は、国際線利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を据え置く。2018年4月1日から5月31日発券分が対象。

 台湾発着の札幌や成田、羽田、関西、広島、高松、福岡などへの路線は2500円に、那覇は1500円に、それぞれ据え置く。

Yusuke KOHASE

最終更新:2/15(木) 11:44
Aviation Wire