ここから本文です

<日米首脳電話協議>対北朝鮮、最大限の圧力継続で一致

2/15(木) 0:55配信

毎日新聞

 安倍晋三首相は14日夜、トランプ米大統領と電話で約1時間15分、協議した。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し最大限の圧力をかけ続けることで一致。首相は協議後、記者団に北朝鮮が、文在寅(ムン・ジェイン)・韓国大統領の訪朝を要請するなど南北対話の機運が高まっていることを念頭に「日米は、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化を前提としない限り意味ある対話はできないと考えている」と強調。北朝鮮が非核化に向けた協議に応じる状況を作り出すよう協力することを確認した。

 また、平昌(ピョンチャン)冬季五輪・パラリンピック終了後に、米韓合同軍事演習を予定通り行う重要性でも一致した。首相は「日米同盟は全く揺らぐことはない。引き続き緊密に連携していく」と語った。

 協議では、日米経済対話を巡っても意見交換し、首相は「大変生産的な対話が続いている」と指摘。米国の税制改革により日本からの対米投資増加が期待できると言及した。首相とトランプ氏との電話協議は今月2日以来、19回目。

 首相はこれに先立つ衆院予算委員会で、平昌五輪開会式出席のため、訪韓した際、レセプション前にペンス米副大統領が首相の部屋を訪れ、意見交換した後、一緒の車でレセプション会場まで向かったと明らかにした。日本の大半を射程に収める北朝鮮の中距離弾道ミサイル「ノドン」に核搭載が可能かについて「さまざまな情報に接しているが、確たることは答えられない」と語った。【松倉佑輔、田中裕之】

最終更新:2/15(木) 9:15
毎日新聞