ここから本文です

香川真司、足首の問題でELアタランタ戦は欠場へ…代役はゲッツェが濃厚か

2/15(木) 11:57配信

GOAL

足首の負傷で離脱中のドルトムントMF香川真司は、やはり15日のヨーロッパリーグ(EL)の試合に間に合わないようだ。ドイツ紙『キッカー』が伝えている。

サッカー選手の奥さんは“美人”が多い!?美しすぎる「妻」23選

昨年12月のピーター・シュテーガー監督就任以降、全試合で先発出場が続いていた香川。その間公式戦3ゴール3アシストを記録するなど、チームの中心として好調を維持していた。

しかし、10日に行われたハンブルガーSV戦で、足首の負傷で62分に途中交代。12日の全体練習も欠席していた。

シュテーガー監督は、EL決勝トーナメント1回戦ファーストレグ・アタランタ戦を前に、「現時点で良い状態には思えない」とし、日本代表MFが欠場することを認めている。ドルトムント公式サイトは、欠場理由を「感染症/足首」と発表している。

なお、同メディアによると、指揮官は香川の代わりにMFマリオ・ゲッツェを起用するという。クラブ公式HPの予想スタメンでも、MFユリアン・ヴァイグルとゲッツェが中盤の底でコンビを組むとしている。

また、ハムストリングの負傷で離脱していた主将のDFマルセル・シュメルツァーは「今までのところ、トレーニングでは良い感じだ」と、復帰を示唆している。

GOAL

最終更新:2/15(木) 11:57
GOAL

スポーツナビ サッカー情報