ここから本文です

JR路線見直し 有識者の検討結果を道議会に報告

2/15(木) 19:54配信

HBCニュース

北海道放送(株)

JR北海道が「単独では維持困難」と公表した路線の見直し問題で、道は、鉄道のあり方について有識者の検討会がまとめた結果を議会に報告しました。
道の有識者の検討結果では、宗谷線や石北線などの8つの区間については「維持」と位置付けました。一方、利用者が少ない札沼線や日高線など4つの区間については他の交通機関への転換を促しています。
「輸送密度は減少傾向がつづいているところであり、全道的に人口減少が今後も続くことが見込まれる中、厳しい状況が想定される」(道の担当者)
15日の道議会の特別委員会では沿線の地域から「勝ち組」「負け組」に選別されたという声があがっているという指摘がありました。これに対し道は、今回の報告書で路線の存廃は判断しないという姿勢を強調し、鉄道のあり方について沿線地域との協議を加速させていくと説明しました。

北海道放送(株)

最終更新:2/15(木) 19:54
HBCニュース