ここから本文です

〔ロンドン株式〕反発(14日)

2/15(木) 3:00配信

時事通信

 【ロンドン時事】14日のロンドン株式市場の株価は反発した。FT100種平均株価指数は前日終値比45.96ポイント(0.64%)高の7213.97で終了した。
 FT指数はおおむね堅調に推移。昼過ぎには一時、予想比強めの米消費者物価指数を受けて利上げペースの加速や米株安を懸念した売りで急落する場面があったが、すぐに切り返した。
 金塊相場の上昇を受け、産金大手ランドゴールド・リソーシズが4.86%高。同フレスニロは4.60%高となった。ロシア系鉄鋼大手エブラズはこの日も買われ、4.08%高だった。一方、旅行代理店大手TUIは4.59%安。医薬品のシャイアーは決算が良好だったが、1.43%安となった。
 他の主な個別銘柄は、石油大手BPが1.05ペンス(0.22%)安の474.90ペンス、金融大手バークレイズが2.70ペンス(1.40%)高の195.70ペンス。鉱業大手アングロ・アメリカンは23.00ペンス(1.38%)高の1693.40ペンス。

最終更新:2/15(木) 5:26
時事通信