ここから本文です

FDA、12号機はホワイト 3月受領

2/15(木) 19:26配信

Aviation Wire

 フジドリームエアラインズ(FDA/JH)は2月15日、導入予定の12号機(エンブラエル175型機、登録番号JA12FJ)の機体カラーについて、白色のデザインを選定したと発表した。3月に日本に到着する。

 FDAはパリ航空ショー開催期間中の2017年6月20日、エンブラエル175(E175)を3機確定発注したと発表。契約には別途3機の購入権が含まれる。12号機は3機のうち最初に受領する機体で、その後は毎年春に1機ずつ受領し、14機体制に増機する。

 FDAの機体は1機ごとに色が異なるのが特徴で、12号機の機体色は白色のほか、ネイビー、ブルー、ドルフィンブルー、エメラルド、ラズベリー、ワインレッド、アプリコット ピンクの計8色の中から選定を進めていた。

 11号機までは、ロゴマークなどを白色でデザインしていたが、12号機は機体が白色のため、ロゴを赤でデザインする。

 12号機は現在、ブラジルのサンジョゼ・ドス・カンポスで、完成に向けた作業を進めている。3月上旬に領収の最終検査を経て、14日午後4時、拠点とする県営名古屋空港(小牧)に到着する見込み。

 FDAは現在、E170型機を3機、E175を8機の計11機保有。それぞれに異なる塗装を施している。1号機(E170、登録番号JA01FJ)はドリームレッド、2号機(E170、JA02FJ)はライトブルー、3号機(E175、JA03FJ)はピンク、4号機はグリーン、5号機(E175、JA05FJ)はオレンジ、6号機(E175、JA06FJ)はパープル、7号機(E175、JA07FJ)はイエロー、8号機(E175、JA08FJ)はティーグリーン。2015年3月23日に受領した9号機(E175、JA09FJ)はゴールド、2016年3月9日に受領した10号機(E175、JA10FJ)はシルバー、11号機(E175、JA11FJ)はグリーンとなっている。

 座席数は既存機と同様、1クラス84席となる。

Yusuke KOHASE

最終更新:2/15(木) 19:26
Aviation Wire