ここから本文です

公園の樹木無残…30本以上が枝折られる JR小倉駅そば警察が捜査 福岡県北九州市

2/15(木) 18:00配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

北九州市の公園で30本を超える樹木の枝が折られていました。

市民の憩いの場で誰がこんな無残なことをしたのか警察が捜査に乗り出しました。

◆記者リポート
「こちらの木は複数の枝が折られているのが確認できます。そして折られた断面にはこのように防腐剤が塗られ腐らないようになっています」

こちらは発見当時の写真。表皮がむき出しになったり、枝が割けて無残に垂れ下がったりしてます。

被害が見つかったのはJR小倉駅のすぐそばにある あさの汐風公園。

市によりますと今月11日午前、近くに住む人が発見し警察に通報しました。

公園にある101本のうち被害は32本にのぼります。

今月9日に巡視員が見回った際には異常はなかったということです。

◆地元で喫茶店を営む男性
「利用されている方も多いので残念です」

◆公園管理事務所長
「大変樹木がかわいそうだという思いが募った。市民の皆さんが少し見守りの目で見ていただければ抑止力になる」

市は折れた樹木の断面に防腐剤を塗るとともに警察に被害届を提出。

警察は器物損壊の疑いで捜査を進めています。

テレビ西日本

最終更新:2/15(木) 18:00
TNCテレビ西日本